アーユルヴェーダとはサンスクリット語でアーユス(生命・寿命)・ヴェーダ(知識・科学)の2つの言葉が組み合わされ「生命の科学」の意味を持ちます。

病気の予防を第一の目的とし、健康をより良い状態に保ち自然と共に生きていく知恵がたくさんつまっているのがアーユルヴェーダです。

 

現代医学が「病気のケア」に重点を置いているのに対し、アーユルヴェーダは不調の緩和が期待できるだけではなく生活全体にアプローチし、身体のみならず精神や魂をも最高の状態に保ち、自分らしく健康で長寿や若さを維持することを目的とした予防学問です。

アーユルヴェーダではこの宇宙のエネルギーは「空」、「風」、「火」、「水」、「地」の5大元素から成り立っていると考えています。

 

これら全ての物質は、3つのエネルギーが働いていると考え、そのエネルギーをドーシャと呼びヴァータ(風・空)・ピッタ(火・水)・カパ(水・土)の3種類に分けられます。このドーシャの3つのエネルギーの割合により、体質や性格などが決まりその人の個性となって現れます。それがプラクリティー(生まれながらの自分)です。

 

また心のエネルギーも存在し「グナ」と呼ばれサットヴァ(純粋性)・ラジャス(動性)・タマス(安定性・惰性)の3種類に分けられます。

 

ドーシャは季節・時間・年齢・生活環境により変化します。ドーシャのバランスが乱れると心と身体に何らかの不快な症状として現れます。

 肩のハリ 頭の重み イライラ 便秘 肥満 寝付きにくさ 不安…等

 

このことからアーユルヴェーダは自分の持っているドーシャのバランスの追求でもあります。何らかの原因でアンバランスした状態を回復に導き、本来持っている自然治癒力を高め自分らしく健康で過ごす生活の知恵の宝庫なのです。

アーユルヴェーダにおいて身体に蓄積されたアーマ(不要物)が多くの病の不調をまねくと考えられています。

 

長年にわたる不健康な食生活・消化の低下・不要物の滞り・睡眠不足・環境の変化・ストレス等が考えられます。

 

アーユルヴェーダのトリートメントは蓄積したアーマを体外へと促し、澄み切った状態にするケアでもあります。エンクエントロ・アジアンヒーリングでは、古代から伝わるインドの知恵を取り入れ、心と身体のバランスを整え、澄み切った状態を保ち健康でイキイキと美しく生きていくためのお手伝いをさせていただきます。

 

本当の美しさとは「心と身体の健康」です。そして「自分らしく」生きることです。

エンクエントロ・アジアンヒーリングのトリートメントはアーユルヴェーダ理論をベースにオーダーメイドでお一人お一人に効果的なトリートメントをご提供させていただきます。